青木農園

facebook メール 090-1034-0840

お知らせ

ふじりんごの保存方法

2019.12.14


秋から冬にかけて旬をむかえる“ふじりんご”は、
長期保存ができる品種としても有名です。

りんご

せっかくの美味しいりんご、
一気に食べてしまうのはもったいない。
少しずつ大事に食べていきたいと思うのは当然の性です。

りんご

私も自分の好物は食事の最後に食べる派なので、
その気持ちが痛いほどわかります。

そこで、今回は“ふじりんご”を
長期間美味しく保存するための方法をお伝えします。

まず、保存時に注意すべきことは、
温度が高いところや乾燥する場所には絶対に放置しないことです。
長期保存したい場合は、
低温(0~5℃)で湿度(80%以上)の場所に保存しておきましょう。
冷蔵庫の野菜室なら1ヶ月程度は日持ちします。

その際のポイントが、

①1個ずつ新聞紙に包む
②ポリ袋に入れしっかり密閉

りんごを1個ずつ新聞紙などの柔らかい紙で包んでから
ポリ袋に入れると水分の蒸発を防ぎ、
温度変化と湿度変化をやさしく緩和してくれます。
新聞紙が湿度調節の役目をしてくれるので、より美味しさが長持ちするようになります。

青木農園では雪室にりんごを保存することがあります。
雪室とは信州の冬がつくりだす天然の冷蔵庫です。
冬の間の降り積もった雪で山をつくり、
その中に夏まで貯蔵できる保存庫をつくります。

ふじりんご

雪室に保存した“ふじいりんご”は1カ月どころではなく、
数ヶ月の間貯蔵しておくことができます。

運が良ければ、
1月以降でも青木農園の“ふじりんご”をお取り寄せいただけます。
あるかないかはその時の運次第ですので、お問い合せください。

青木農園